fc2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ 想うこと。 



生きていく上での環境。 …そこから逃げてはいけないのだろうか。精神を病んでなおその環境に居続けなければいけないのだろうか

くるしいのに。

こころを病んで壊してまで。それでも居続けなければいけないのだろうか。

"辞めたら生活が苦しくなる" …それは当たり前、だけど。


理解が

まわりのひと、奥さんでも旦那さんでもいい。理解が得られるのであればいっとき《自分を休めるため》、若しくは《見つめ直すため》に現在の環境から逃れる …この選択が在ってもいいと思う。想っています。
『生活が苦しくなる』…そこを踏まえてわたしは言います『あなたの精神を病んでまであなたの相方は仕事をあなたに求めていますか』と。 

廻りを否定するだけならまだ大丈夫です。だけど自分を否定するようになったらもう後がないんです。
精神を病んでいるだけならまだ大丈夫です。心が凍んでしまったらもう、だから。



『いちどリセット…やり直してみない?』…精神を病んでまでいまのお仕事が大事だとは想えません。



撰ぶのはあなた。

《 恐怖に打ち克つために。そのための回避 》これは《 回避 》であって《 逃げ 》ではないです。



言いたい放題でした。 気を悪くしたらご免なさい。 
わたしの体験、そして主観です。

関連記事

2012/12/04 Tue. 23:10 [edit]

category: 未分類

cm 5  tb 0 

コメント

確かにそうやんね。

心を壊してまでこの環境にしがみつくことはないかもね。

私は臆病者なんだと思う。休職も退職もできない。

そういう選択をしようと思ったこともあったけど、
しなかった。できなかった。

この程度の環境に負けていてはこの先に自分の未来が拓ける、
と思えなかったから。

辛いけど、逃げた結果、もっと辛くならないように、
今の環境にしがみついています。

うまく伝えられてるかわかんないけど、
そんな感じです。

こーでぃ #- | URL
2012/12/04 23:26 | edit

私もそのタイプです。
お仕事辞めたくない大好きなものだったけど、環境がダメで逃げました。
今のお仕事は目指していたものではないけど、自分の心を見るとこれでよかったんだなって思います。

清華大佐 #- | URL
2012/12/04 23:37 | edit

うん。なんとなしに判ってはいます。だからわたしはあなたにエールを贈ります。

『足掻いてるあなたはカッコ悪いかもだけどカッコいいです』。

いつか、あなたのチカラに成るよ。その経験は。体験は。だから頑張れっ☆

ゆう。 #- | URL
2012/12/04 23:43 | edit

私も彼と出会ってなかったらこんな良い感じにはなってなかったと思います。
でも違った。
skypeという友達が出来た。
ゆう。さんもskype始めて見たら如何ですか?
ヘッドセットの値段も安いし。
(amazonn)
メンヘラーの方いっぱいいらっしゃいますよw
@スカイプに登録してみては如何でしょうか?
募集かければ,お友達増えますよw

ゆず #- | URL
2012/12/05 00:50 | edit

…(@_@;) うーん。 もう少し考える。

わたしは ことばの足りなさで誤解を受けたコトがあってそれ以来、言葉でのやり取りが苦手だったりします(じゃあなんでブログ・コメントやってんだはおいといて/(笑)。 ありがとうございます。

ゆう。 #- | URL
2012/12/05 06:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/91-0fee6d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2022-10
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪