FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

【随時】 妄想を現実に。【更新】 

1年越の妄想的欲求が今日、現実にナッタ。

385_1000.jpgディルドを突っ込んでミタリ。 398_1000.jpgコップを突っ込んでミタリ。


子宮に手を突っ込んで あなるに腕を押し込んで。

053_1000-1.jpg




『…オネガイ デキマスカ。』昼下がり ワタシはますた-にお伺いをたてた。
『…今日、なの? 今日でなきゃ ダメ?』ますた-が訊ねた

今朝方 純水を抜いて子宮開口器を充ててみた。
外回り12.8㌢。…入る イレラレル。ワタシはその数値を見詰め続けた



この日のために。ワタシは拡張を繰り返して。ローションを突っ込んで バルーンを容れてお水で充たして。
思い立って2年、具体的な器具を手段をもって拡張を始めたのが去年の8月の半ば
1年を費やしてこの日を迎えた。もぅ、我慢がならなかったのです

『 今日、オネガイシマス。』ワタシは伝えた



267_1000-1.jpg 855_1000.jpg

拘束台に繋がれて

『…ぅぐぐ。うぅ …んはぁ はぁは。 …カ ァァう” ぅう 』。心臓を押し上げられるような感じ
『 大丈夫? 止めようか やめよぅよ 』。ますた-が訊ねる 『…ダメ。ヤメナイデ』。呻きながらわたしはますた-にオネガイをする

282_1000-1-1.jpg


膣口の圧迫感と子宮口の圧迫感。 おちんこの先から透明な雫が糸を牽いてシーツに水溜まりをつくる。緊張で震える脚。 がくがくと震えていた

指の根元の関節が抜けて。…やがてツルリと子宮に呑み込まれたますた-の手。 手の体積の同量の体液がジュブブと飛び出して膣腔のナカで出口を探して圧力をかける。膣口にはますたの腕 蓋をしていて。
子宮のナカでグーとパーを繰り返すますた-。 緊張した指の筋を伸ばしながら。こんどは残った右の手をあなるに宛がって 前をすぼめた手をアナに ゆるゆると押し込んでゆく。

10112401_Everything-Butt_11081-1-1.jpg

『 …あぁァぁ な・にコレ。キ”ボチ・イ” イ”っ』。 膣壁をウラからなぞる掌。 沼に引き摺り込まれそうな堕ちてゆく快感。 まだ 掴まれてもナイのに。

経験したコトのない快楽を想像してワタシは期待に打ち震える



子宮を内と外から掴まれて。揺らす 引っ張る押し込む
引き摺りマワサレル

ベッドの上で掴まれて引き摺られて そのまま折檻部屋まで。
泡吹くほどの激烈な快感って この事。

内臓を掴まれて引き摺りマワサレル …ステキ。

意識が跳ぶ。 戻されてまた オチる
頸が 腕が脚が 勝手に跳ねるビクビクと


《 カンジスギテ ダメニナル。…ィク、ダメニナル 。ワタシ コワレルバカニナル …アア”またイク? イク” イっちやうの? …ワタシ バカニナル 。バカニナルぅ 》



ばかになる 快感。 コワサレル快感。
コワレル不安と期待。



感じすぎて萎えたおちんこからカウパーが駄々漏れをして。
出口を塞がれた愛液が子宮のナカと膣のあいだをいったり来たり。
子宮口を震わせる


朦朧とした意識のナカで ますた-の声が聴こえる
《 どぅ? キモチイイ? …もっとイキたい? イカセテアゲル イカセテアゲヨウカ?》

ワタシは叫ぶ《…もっと。 モットちょうだい イかせてオネガイ 》
床につっ伏しながら狂ったワタシの腕を Aさんが掴んで。そのままワタシを引っ張って
持ち上げて

オナカのナカ。 おまんことあなるのナカ 手がグーのままで。持ち上げられて。
お腹のナカ ぐちゃぐちゃ。 あたまのナカ グルグル。 グラグラ
スパークの嵐。

汗と涙と涎とオシッコで ワタシは ワタシは



144_1000-1-1-1-1-1.jpg…ワタシは











折檻部屋の隣に在るゲストルーム。 ソコにあるテーブルまで吊られて 下ろされて。
『 さ、テーブルに上りなサイ。…勿論、コノママで、ね 』
なんてコト。股間からますた-の腕を提げたまま此処にあがれという。…ステキ。

1308046top.jpg



ワタシは焦点のさだまらないままに そのテーブルに震える手をかける



上体を動かす度に オナカのナカで手が 腕が壁を捻り 戻って。

テーブルに膝をかけた その刹那、ますた-ってばおまんこのナカの腕をぐるりと捻った 《ぃイ″っ》快感がカラダを突き抜けてワタシはそのまま崩れ落ちる。
『…ホラ、はやく 』ますた-がワタシを追いたてる。チカラの抜けたままのワタシ。
おしっこが 床に水溜まりを拡げてゆく 『…。 はやくしないと …コウナルヨ。』 グポッと音がして子宮から手が抜けて。『ぅ″ア?』『 グズグズしないっ』ジュボっ 『 ぐぅ。』また突き抜けて収まる。

『ぅい…っくぅ』

カラダが跳ねて まぶたのウラにチラチラと星が流れて。…ワタシはそのまま気を失ったらしい。




676_1000.jpg 664_1000.jpg 666_1000.jpg 665_1000.jpgますた-のおまんこの種付け♪
視ていてコーフンするっ///

気付いたらワタシの上にAさん。腰を振っている パンパンと打ち付ける。…打ち付ける?


03_2013081600384397c-1.jpg
>オナカのナカで精子を打ち付けられて。コレ癖になりマス。




根元まで埋まって出して。いつもはその2/3までしか入らないのに。
突かれる度に子宮の壁を擦りあげて。グポグポと音をたててワタシのナカをいったり来たり。

突く度に オナカが膨らんでヘコんで。

朦朧とした意識のナカでワタシはAさんに腕を絡ませた。
応えてくれるA さん。キュッと抱き締めてくれて ワタシは腰を浮かせてA さんを迎え入れる。

『…キモチイイ? ワタシのナカ キモチイイ? 』 ワタシは訊ねる。『ああ。イイよ 気持ちイイ。』 子宮のオクの奥、 Aさんの精を直接受けながら
『オォ”・イク イク…イクイクイクイクイクイク。 ワタシまた・イッちゃうゥ …ぅぁァあアツ』
ワタシはまた オチる。

ザーメンで子宮をナグラレテ。…ついでにおしっこもいただいて。
《 ジョロ。…ジョロロロロロロロロ… ジョロっジョ・ジョ。》子宮がほっこり 温かくなって。

700_1000.jpg

《…グポッ》子宮から おまんこから抜かれたおちんこ。テラテラと糸を牽いて おまんことおちんこを繋げてイル。
オナカのオクから溢れでるザーメン 膣壁をなぞり伝って
ワタシのナカから溢れでるザーメン。真っ赤に染まって

《 ぽたたっ》あなるを伝って おしりの間に溜まっていく 血とおしっこでユルくなった
ザーメン。

100210_as016s-1.jpg 663_1000-1-1.jpg


真っ赤に染まったザーメンを ワタシは呆然と視ていた。ボタボタとタラタラと流れて落ちるザーメン。イタくはない それよりねる。

震える手脚。跳ねるカラダ。 そんなワタシを見下ろすふたり

『…まだ、足りないんだろ? そら』。 Aさんがワタシを肩に背負って 折檻部屋に戻されて。
『…タリナイデス。もっと モット、チョウダイ? もっと モット。マダ・タリナイデス』。 ワタシは繰り返す。繰り返す ぶつぶつと



8-1-1-1.jpg

《 さみしいだろ。コレでも入れとけ 》。 朦朧とするわたしのソコにボールが突っ込まれる 空気の入った水風船みたいなソレ。おまんこのアナに3つ 呑み込まれた。
ふらつく度にナカで揺れるソレ。タプタプと
ワタシは拘束台にまた繋がれた。仰向けに 高さを調節されて。わたしの膝の高さくらい?
拘束台ごとワタシを跨ぐAさん。

わたしの前にAさんのおちんこ♪ ワタシはクチを 喉奥を開けてソレを迎える

229_1000-1.jpg

喉奥を差し貫くおちんこ。呼吸を止められて 気が遠くなって。汗と涙が溢れてトマラナイ。

522_1000.jpg


おもむろにワタシのあなるに突っ込まれる。 イキナリの全開ストローク。 ガシガシと腸壁を擦りあげて。腸壁のウラ、子宮をなぞりあげて。
『 ィ”ひ。イイよ。キモチ″イイィ。 …もっと、もっと”おぉ』 狂うワタシのクチにAさんの 手が
095_1000-1.jpg 2_20130708214646-1.jpg

『 も”っど。もっどおォぉあぁァァぁあ』。 外に響くコトはナイのだけど余程な喧しさだったのか 『 ウルサイ ダマレ』と2~3回、平手で打たれて。…そのまま



『…ぅ。…ぁ” あぅ” ・ぁ…カラダがアツくなって カラダがオモクなて。暫くするとこんどは冷たくなってきて。ビクビクと痙攣が起こる
images-18-1.jpg




おまんこが あなるがギュウギュウと蠢く。





逝く(シヌ)寸前に手を離す。モノクロだった視界に色が戻る 咳き込むワタシの口許にAさんがキスをする『大事ないか? 痺れるところはないか?』と。
『…大丈夫。 スゴかったデス。オナカいっぱいデス///』ワタシはわたしに戻る。戻って抱き着く
抱き着いて 甘えるんだ ますた-とAさんに。

こころのナカでいつも呟く《ありがとう》って




プレイの名を借りた自傷。 …だからこそますた-もAさんもギリギリのところまで《本気》でワタシを追い込んでくれる ありがたいです。

イキ死ぬ直前、テクノブレイク寸前のトランス。…ワタシが好むプレイ。 他のヒトには任せられない


関連記事

2013/09/05 Thu. 01:04 [edit]

category: わたしの性癖、破壊癖。

thread: 幸せなひととき - janre: 結婚・家庭生活

cm 4  tb 0 

コメント

何だろう?
読みながら涙が出てました…

雪絵 #- | URL
2013/09/05 23:27 | edit


最近、画像を載せて下さるからかしら、
わたしの夢にゆう。さんが出てきました。

やっぱり、お顔は見えなかったけれど(笑)、

美しいな、って、想った……。


ゆう。さん、そのとき、天国をみてるの?

菜々子 #- | URL
2013/09/06 21:53 | edit

安心して身を任せられるお相手が居るって

凄く素敵なコトデス。

私は・・・そう思う。


神田 なな #- | URL
2013/09/07 00:45 | edit

言葉にならない感動

信頼がある二人だから出来るということ、
素晴らしいと思います。

読みながら想像してました。

読み終わったとき、涙が出ました。

良かったですねぇ

ミナ #- | URL
2013/09/07 06:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/795-f0f6e6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-09
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪