FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ コレな! 


          反韓報道ヤメロ                反日(批判)は無問題。
     っ 『 不倫はダメ。でもわたしのはロマンスだから 』

  某媒韓国報道体 論説


           己がシテるのが正にソレだと云うことを理解してない好例。

              過去エントリはカテゴリー【 お隣サン。(南)】を参照。


         国際条約等、国家間で結ばれた約束事は自国の法律の上位をゆく。例え国の法律が
         ソレを認めなくとも時の為政者が知らずとも
         【 一旦結ばれた約束は当事国同士の同意無くして取消せない
         ⬆️コレは大前提。でないと国家間の約束事等マッタク意味がなくなるのだから

               故に一方的なのは他でもない韓国


         韓国側が問題としている大半(意訳:殆ど)は事実を都合良く解釈し
         て叫び続けてきた事。【 言い伝え 】をそのままに検証すら放棄し
         て絡(言い掛かり)んできた結果が日本と韓国の現状。

        【 日本は(現)韓国と戦争をした事実などナイ 】 故に【 戦争被害を受けた 】という
         不満も受け入れられない。
        韓国慰安婦(被害者) 】 という表現も受け入れられない⬅️ 理由は同じ

        【 併合は事実 】故に侵略など論外。【 現:韓国 】という国が《 存在していない 》
         故に(旧)日本人慰安婦に保障する理由がナイ《 その時は日本人だった》のだから。



       我が
      【 韓国は対話と交渉を通じて解決しようと提案した 】

       提案シテ締結シテも結局は《 ナカッタコト。》にするンでショ?
                提案締結シテも意味ないぢゃん?



              要約: 問題起こシタのは韓国。日本でわナイ





.         被害者になりすまし詐欺紛いを平然とおこなう 阿 呆 供
        《 被害者ヅラ 》して《 搾取を企て 》《 騒ぐ喚く 》一部の【 自称被害者 】の存在が

.         事実確認もしないで盲目、無責任に便乗して踊るウマ シカ 供
         報道に乗っかり事ある毎に都度《 日本が 》《 チョッパリが 》と騒ぐ暇人供がわたし
         の神経を逆撫でする

         つまり このテのエントリは個人的な鬱憤ばらしで実際大した意味はナ(以下略)


関連記事

2019/09/09 Mon. 21:45 [edit]

category: 聴かれたコタエタ

tag: 日々の呟き  時事  韓国  慰安婦  政治政局  二枚舌 
cm 1  tb 0 

コメント

Re: タイトルなし




> 政治事はよくわからないので、どこでも口出しも話題もしないように生きているのですが…
> 先日見かけたコレ…
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (ゆう。敢えて臥せ)
> 流石に 「は!?」 ってなりました。


国としての在り方が破綻してるの。その影響下におかれてる自治体がこのような議決案を出すのも在る意味当たり前。
…これで先進国だと憚らないのだから 後は何もせず見守ってあげるのが互いの安定だとオモウのね

ゆう。 #- | URL
2019/09/12 07:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/7544-b6f0feb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-09
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪