FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ 皮剥ク意味って? 



.        ぶっちゃけ 自信を得る/背徳感を充たす くらいなモノ?

                ちんこ

                 っ 皮剥くって 必要?

.        男性に於いての"皮かむり" 不衛生云々と云うけれどそんなの本人
.        がこまめにお手入れすれば良いだけで。
             剥きたい人は"カッコ悪い"から剥きたいのョ


                 クリ剥き



                 『 皮剥くと感度が⬆️する?』

.        普段の生活に於いて感度が上がったかと聴けば 『 イヤ マッタク?』と
.        のお応えが。応えたのはなるみん
.        デリケートな部位 故にスイッチが入ってない状態で感じる事はナイ
.        と結論付ける


                クリちんこ


             っ 何故に包茎になるのか 『それはネ』

        自慰の仕方にアルですョ。握るトコとストローク
        自慰を覚えたその時のクセ次第で真性か仮性かが別れるとオモウです

        亀頭をニキ"ニキ"するか竿をコスるかで別れる
           先端ニキ"ニギは先端しかコスらないから剥ける要素が少ない
                 竿をコスコスはストロークの関係で剥ける確率が高い代わりに皮が伸びる

                                と (あくまでわたしの考察と主観)。


          因みに仮性包茎包茎と違う "皮が剥けない状態"を指して包茎と云う。



        真性包茎は "治療(切除)しないと改善されない" ので保険が適用。
        仮性包茎はミテクレの改善。だから"美容整形の扱い" で処理される



関連記事

2019/01/29 Tue. 10:18 [edit]

category: 聴かれたコタエタ

tag: 日々の呟き:  包茎  美容/治療  自信  背徳感 
cm 4  tb 0 

コメント

粘膜の部位は必ず保護されるようにできている。 例外と言える亀頭はどうなのよって話なのだが、常時亀頭が剝けている人の場合、粘膜であるはずの亀頭が外皮化してしまいます。
つまり乾燥や接触による刺激で粘膜じゃなく真皮になっちゃうんだなこれが。
ピアスの穴も同じであけたときは初期で粘膜化して、時間がたつと内皮化してホールが安定する。 亀頭の場合、当然感度は下がる。しかしカリの部分が露出してるのでSEXの感度は悪くない。逆に包茎の場合膣との摩擦程度でも炎症を起こすことがあり、ちょっとした刺激にも敏感。どっちがお得かは本人次第という感じ。 聞きたいだろうからお答えしますがw
私の場合真正が餃子とすれば焼売くらいの感じ。やや具がはみ出してる。 そして充血時はしっかりとその正体を現す感じ。

いえねこ #- | URL
2019/01/31 20:03 | edit

っ ...フム。




…焼売かぁ なるほど。粘膜の外皮化はわたしもピアスをしている経験上理解
するですョ
> 包茎に於ける敏感度合いと炎症のリスク どちらかを選ぶ本人次第 ウムそのとーり

ゆう。@ #0t.r3BLQ | URL
2019/01/31 22:15 | edit

あれ?2枚目📷差し替えた?

指でみょーんと伸ばしててよくのびるなぁ…
痛そーだなぁ…痛くないのかなぁ…
塩まくと出てくる貝思い出すな?…
なんだっけな、アレ……
とか、ぐるぐる🌀おもいながら見てたンで。



…貝はマテ貝でした。


ななこ↗ #/3WEEAIQ | URL
2019/02/01 23:42 | edit

っ 気付いたかw



摘まんで伸びたクリ画像。人によってはイタく感じるだらうから差し替えたのダー w

ゆう。@ #0t.r3BLQ | URL
2019/02/02 05:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/7058-81fa1100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2021-02
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪