FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

【再掲載】シネと言われても…ねぇ。 【追記アリ】 

熱くなるどころか冷めた感情でこのエントリーを書いてマス。



確かに。貴女の受けたキズは深いだろう。そこは理解してるんだ けど、
あんまりじゃナイ?


いや、わたしは貴女ではないから理解したというにはおかしいね。察するが正しい


察するに。 けど あんまりじゃナイ? シネシネシネシネシネシネシネシネシネシネばっかり。
そんなにイヤなら視なければイイのに。 来なければイイのに。
勝手に覗いてアタマに来て。ひとり吠えて
吠えて他人のブログを荒らして。いい迷惑。


《スキの反対はシネ》だとあなたはいう。わたしは気遣ってもう 貴女のブログを覗いてもコメントはしなかったし …なのに。

どうして来るのかな?

鍵つきコメントで。言いたいコトがあるのなら直接書き込めばイイのに。書き込むコトバは中身のない《ぐすシネ。嘘つき》ばかりで。
聞く耳を持たないだろうから黙っているだけなんだけど。いう気も失せたし

《 ゴミクズ 》。 気に入らない相手をすべて このコトバでひと括り なのにワザワザ絡むのね? そんな相手になにもいう言葉もないし。
ほんと 残念。


貴女の傷ついたココロは察します。でも。けれど
貴女の吐き捨てたコトバでわたしも傷ついてます。
貴女がされてイヤだったコトを貴女はやっている。自覚は在るよね 確信してるよね?
始末が悪いよ。



わたしが貴女に贈った言葉は本心。けど伝わってなかったんだよね?きっと。
だからたったひとつの勘違いで わたしを突き放したんだ



…何度も言ってるよね《わたしはどちらに付くモノではない》と。気に入らなくなれば貴女はソレも関係なく攻撃することで自分を護っている。…もっとも攻撃にもなってないけど?

キズツキタクナイ ならば視なければイイのに。何故? コメントをしなけりゃイイのに。
キズツキタクナイ なら相手を無視すればイイ なのに絡んで喚いてキズツイテ。


正直もう、うざったいだけ


まもるはいいさ。でもその手段はイタダケナイ。自分のブログは鍵かけて。
わたしの アッチのブログには雑言ばかり。卑怯だとオモワナイ?
ヤレヤレ… わからなくもナイケド?

アナタガいくら相手を わたしを罵っても貴女がオモウほどダメージは無かったりな件。
だってわたしはわたし。貴女ではないのだから。



《 ゴミクズ 》誰にでもそうならば。 1度の掛け違いで関係が崩れるのなら。



貴女が他人をスキになることはあっても続かないよ? 絶対に。 だって
気に入らないコトバひとつで一方的にキレて攻撃することしかしないんだもの。大概のヒトは逃げるよ つづくワケがない



わたしは疲れたよ …ただね。中身のない《シネ。グズ》の類いはやめてね?
だって。全くイミかないしいずれシヌんだし?


呪(マジナウ)うのも止めとく。するだけムダなコトだから ただしカオナシさん としてのあなたは別。


わたしののコトバを使って相手を傷つけたアナタをわたしはユルサナイ。なりすまし よりにもよってわたしを騙ったに等しい。理由があろうが無かろうがわたしはこれをユルサナイ。貴女に言い分が在ろうとそれは理由に成らないのだから。わたしを騙ってイイ理由にはナリマセン。

貴女がしているナリスマシ。 だからわたしもシテいると? わたしは気にはなってもナリスマしてのコメントはしなかったし。 覗くなというなら貴女がしていたことはなぁに?
貴女はどうなの?コトバを騙って ナリスマシて。 わたしを貶しながらもブログは毎日のように覗いてたデショ?

ヤってることはおんなじだよ。一方的に罵られる云われもナイ筈なんだけど?
…ソコのトコロ。理解してわたしに意見してね?


関連記事

2013/07/24 Wed. 20:44 [edit]

category: あなたに

thread: 思うことをつれづれに - janre: 心と身体

cm 1  tb 0 

コメント

スキの反対は・・ 無関心、だと私は思うけどね。
ん~。
FC2って、アクセス拒否ってできないんだっけか?
ゆうさん。は、これ以上ゆうさん。が傷つかないようにしてあげて?

ako #- | URL
2013/07/23 13:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/697-aeefb6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-09
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪