FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

米軍による夜間訓練。 その意味。 


アメリカ海軍の停係港は横須賀から南の主要港湾にあります。海軍の艦艇のナカには航空母艦、空母があります。
夜間訓練の主役がコレだったり。

《 何故に夜間訓練なのか 》。コレが実にカラダを張った訓練だからです。

戦闘行動に昼夜はカンケイありません。命令があればいついかなる状態であれ行動に移す それが軍隊。特に洋上戦闘(対艦)、空域戦闘(対空)、内陸に侵攻する侵攻攻撃。 その要が航空機なのです。

空母から発艦(離陸)する飛行機はまた戻ってきます。
陸に在る飛行場と違い約300㍍ない空母というフネ。広大な海の上に在る飛行場。 そして家。

奥行き300㍍未満、幅20㍍未満の定位置に着陸(着艦)しなければならない その技能を維持するために(…もっとも、攻撃訓練も兼ねたりも ) 昼夜問わずに訓練をする必要があるのです。
海軍のパイロットさんは言います『3日開けるとカンがにぶる』と。『陸軍、空軍の連中も《発艦》は出来ても《着艦》はできねぇよ!』なるほど。

最高速度マッハ1.7から2.8。マッハとは 音速のコト。音は秒速300メートルあまり。その2倍から3倍。着艦する時のスピードも絞りに絞ってそれでも時速100キロ以上。…それを全長300メートルの1/2から2/3、その距離で時速0にする その技術。

厚木基地で航空祭の折に聴いたハナシ。『無事に帰るために訓練をする』 『玄関グチで死にたくはないからね』。笑って話す彼等を見て。


騒音問題。米軍基地・飛行場近についてまわるこの問題。それはソレ これはコレ。
近隣の自治体では防音サッシ、及び クーラーの補助がある。一度、自治体に問い合わせてみたらどうだろう。
ジェット機のスキーム音。アタマにカラダに響きます。これがモトで神経を病む人も多いのです。 日米協定、それに乗っ取った訓練。ならば自治体にはそれなりの生活者に対する補助があるはず。是非対応を求めてください。

泣き寝入りする必要なんてナイのだから。


関連記事

2013/06/09 Sun. 14:30 [edit]

category: 時事にオモウこと。

cm 3  tb 0 

コメント

それがですね,この近辺の市の殆どが公安に意見書を出してるんですよ。
でも,通らないのが事実。
なので,今,彼が3D班と一緒になって密集地域での航空二置ける騒音問題を論文書いています。
NASAに知り合いが居て,同じ航空機(スーパーホーネット)があることが判明。
NASAに手伝って貰って,実験を行ない,こちらの数値と合せるという論文を作るそうです。
また,厚木基地,硫黄島飛行場,空母,最大50機飛んでくるので仮に5機としての3Dデザイン,及び自宅から斜め45度の3Dデザインを現在外注で頼んでおります。
その論文が上手くいけばインターネットにUPするらしいので,そしたらゆう。さんに教えます。
以上です。
長々とすいませんでした。

ゆず #- | URL
2013/06/09 15:01 | edit

ん。実に興味深い(←だれダ?

是非とも。…ねぇ ゆずさん? あなたの彼さんってナニ者?

ゆう。 #/3WEEAIQ | URL
2013/06/09 15:15 | edit

彼は航空宇宙工学修士号(工学部)を持っており,博士課程を目指し,うつ病ながらも勉強し,大学院(東大)に戻ろうとしている人です。

ゆず #- | URL
2013/06/10 04:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/606-317705e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2021-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪