FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

  「あなたの迷子エピソード」 



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当山本です今日のテーマは「あなたの迷子エピソード」です。唐突ですが、皆さん迷子になった経験はありますか?小さい頃に両親とはぐれたり、はたまた友達や恋人とはぐれたり…今となっては笑い話にできるものですが、かなりあわててしまいますよね。山本はというと、大人になっても迷子になってしまいましてドライブして友達を送り届けた後、乗る高速道路を間違えて逆の進路を走行...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの迷子エピソード」


                      ◆


              迷子というか冒険と云うか。

               病院 イメージ


○学生 夏休みの頃、私のコレで初めて大学病院というところに行って検査入院。あまりに暇なので看護師さんの目を盗んで部屋を出ました。
その日は日曜日。入院患者さんのいる棟はそれなりに賑やか。音は聞こえないけれどなんとなく分かる。それに比べて

お庭を挟んだ こっちは閑散としていて。

廊下を歩く 足音だけがパタパタと響く。他に音がない 音がなくて。
なんとなく。なんとなくなんだけど胸がドキドキ。鬼ごっこでもないんだけど おいかけっこでもないんだけど《見つからないように》。見つかってもいいんだけど見つからないように(笑)。

足音をたてないように そろそろと ドキドキそわそわ。なんとなく心臓をわしづかみされてる感覚、それが楽しい。
曲がり角にナースステーションが在って。そこを抜けたら《アッチ側》。

看護師さんたちが お話しをしている。今でいうところの合コン? …そんなお話だったと思う。カウンターの向こう 机に向かいながらお話をしている看護師さん。

身体をめいっぱい小さくしながら壁伝いに看護師さんたちの様子を覗き込む。心臓バクバク …わかるかな このドキドキ感☆ 冷や汗たらたらながらとても楽し(笑)。


ナースステーションを抜けて。角をまがって そうっと扉をひらく。
開いて抜けて扉を閉めて。走ろうとしたら。ヒョイと持上げられた。…ってか、抱えられて。
ジタバタしながら後ろを見るとクスクス笑っている 看護師さんたち。どうも モロバレだったらしく私の後をついてキタ、らしい。
人がいいのか悪いのか 人の逃走劇を笑いながら付き合ってくれた看護師さん



私のもつ疾患がハッキリ分かったのがこのとき。以後、年に数回 ここにお世話になる。
あれから1ン年。今では更に迷宮化しています(笑)。




関連記事

2013/06/07 Fri. 11:43 [edit]

category: トラックバックテーマ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/602-95c0fff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-09
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪