FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ わたし的オトナ考。 



           


        現実を視るコト妥協を知ること 自分は主役ではナイと確認すること
        つまり世の中思い通りにはいかぬと云うコト。



               それを知る事 だとオモウん
関連記事

2016/02/08 Mon. 20:45 [edit]

category: こめんとネタ。

cm 5  tb --  

コメント

おはようございます😃

グットモーニング(*´∀`)ノ✨

みーたん的大人考 「困難から逃げない」
人生は問題解決の連続であると理解すること。
問題に直面して衝撃を受けるのではなく
「人生につきものだ、また来たか。」と冷静にとらえ、諦めず、客観的に対処する人のこと。
チャレンジに失敗しても、後悔ではなく
次への学びに変えて経験を生かせる人のこと。
ソウイウモノニ ワタシハ ナリタイ(*´∀`)♪


🍞 × 2 ○ 👀 …

きょうもまぁまぁそれぞれにやっぺよq(^-^q)

みーたん #- | URL
2016/02/09 04:35 | edit



んだ 困難と悩みは漏れなく付いてくるそれが生きると云うコト。いかに考え選び行動するかがオトナとコドモの違いだと

っ ヤダヤダ嫌々 ← これが許されるはコドモなのダ

ゆう。 #- | URL
2016/02/09 06:20 | edit

おはようございます~♪

昨夜から、、一騒動があって爽快な朝を迎えたとは・・(>_<)
ことの顛末を前みたい書くことは・・・、弊ブログに書いた。

チョッと愚痴を・・・・、
疲れた、、シンドイ、腰が痛い、、
何で私がこんな目に合わないといけないのか、、、
大声を出して叫びたい~!!

パイパン大好き #xwn29P.U | URL
2016/02/09 07:14 | edit

大人考 追記 「与える側になること」

ねだるのは コドモのすること。
与えるのは 大人。

give me はコドモ。
give for youは 大人。

愛が欲しいと請うのは コドモ。貰えるかどうか、相手次第。だからいつも不安。

愛する人を愛で安心させるのが大人。
大人どうしの愛情はお互いに与え合い。
信頼を育み安心を提供する。

私は 与える側に立つ。そう決めたの。
与うるは 受くるより 幸いなり。


一つ詩をご紹介致します。

『自分の感受性くらい』 茨木のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ




今の自分は過去の自分が下した決断の集積。

逃げ癖が付くと 逃げる人生になるん。
困難は形を変えてやってくる。
困難を己の力で乗り越えない限り、何度でもやってくる。

困難から逃げない。その覚悟が人生を決める。
コドモでいたいか?大人になりたいか?
決めたのは 誰でもない 自分なんだけどね。

みーたん #/Yt6bh8I | URL
2016/02/09 08:24 | edit

もにん♪

(((uдu*)ゥンゥン
みーたんのコメに、諭された感じ。。

共感だぁ~~
アタシも、大人だぜ。って自覚再確認しなくっちゃ(爆)

>give me はコドモ。
>give for youは 大人。

どっかで使おうっと♪ φ(..)メモメモ

影依 #DaqWDIIE | URL
2016/02/09 09:36 | edit

コメントの投稿

Secret

2021-05
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪