FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ 自分に乙ッ! 




    警備業界って資格がナイと生活するには厳しいとオモウん

              


             オモッタコト。 聴いての主観だとオコトワリ

    平日は各種現場 休日にはイベントでの警備。仕事を休みを選べるほど人手は足りて
    なくて
    人手が足りてなくて。 だから人によっては昼の現場と夜の現場を立て続けに充てら
    れたり。
    警備業も信用が在ってオファーが来る "この現場だからこの人でヨロシク" だから
    仕方もナイコト なんだけど


           足りてなくて。でも集まらないのはその手当 トテモヤスイのよ
           勿論会社毎に格差が在るだろうけど。 でも基本安いのね


     皆が言う "この仕事は趣味に費やす時間が全く取れない"


                   不特定な休日

     毎週決まった曜日にとれるなどアリエナイ。理由は "以来先の日程都合次第" だから
          人によっては2週間ヤスミナシなど当たり前。…そんな環境



            資格を持って稼げても趣味を費やす時間がナイ
            資格が無れば稼げナイ 稼ぐ為にはそれこそモニョ。



       任された現場の安全確保 それが警備員の存在理由

      警備業務は実はサービス業なの "安全の提供" という目に見えないサービス。

              "ナニゴトもナクて当たり前"

     それを要求されるのがこの仕事
            成功報酬はもらえても成果報酬がナイ だから安い
                        だから安い "成果が見えにくい" から




           資格を持って初めて稼げる業界 そのひとつが警備業界
           でも趣味に割ける時間すら確保できないお仕事 …って


関連記事

2015/12/02 Wed. 12:11 [edit]

category: 警備業界

cm 1  tb 0 

コメント

100点とって当たり前。何か起きれば重大事故 (>_<)💦

これは親に言われたことね。
「仕事では ゛100点とって当たり前。95点ではなぜ5点足りなかった?゛と言われるんだぞ。頑張った、努力した、でも5点足りないでは仕事にならない。」
不肖みーたんも リーマン歴2○年、親の言うことが骨身にしみております😔

完璧で当たり前。何も起きなくて当たり前。
達成した成果は褒められない。理不尽だとは思うけど、それが世の中の評価なんだよねぇ。。。


警備のお仕事、誘導ミスで思わぬ大事故になった…
思い出すのは「明石花火大会歩道橋での事故」
2001年7月21日の夏祭り会場で、雑踏警備の不備による群衆雪崩の事故よね。
なぜ警備に人が必要か?って、刻一刻と変わる状況に柔軟に対応するためにわざわざ人が居るんだよ。
きちんと、意味があってのこと。
誘導員の方に舌打ち、睨んで威嚇とか?あり得ねぇよ 💢ヽ(`д´)ノ


だから、私は誘導員の人にはアイコンタクトもしくはニッコリ笑顔で対応するようにしてるんだ。😃
「待ってね」と棒を振られたら ✋を上げてラジャー の サイン。
「どうぞ」って棒を振られたら ✋上げて 😊軽く会釈

お互いに仕事大変だよね、でも頑張ろ✊の意味を込めて、アイコンタクトするのさ🎵

みーたん #- | URL
2015/12/02 16:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/3634-646b47be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-04
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪