FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ タりなくないか? 



わたしは体罰は容認するなんて言われても支持をする。
わたしは暴力は否定するなんと言われても否定する。



《 なにをもって体罰と暴力を一緒にするのか 》

違いが分からないのか?
言っても分からなければ手が出る そんなの当たり前。

矯正させるための手段それが体罰
感情の発散それが暴力。

それだけの事が見えてないように思う

世の親御さんよ? 世間で今騒がれている事例は体罰でなく暴力だ。
体罰と暴力。その違いを今一度考えてほしいと思う


調子に乗ったガキがいつか世間に牙を剥くよ?
コトバと言う暴力で。都合のよい自己弁護で


やれ『体罰だ』やれ『パワハラだ』 先生はどうやって指導矯正しろと?




先生にご託を並べる前に家庭での躾が成ってナイ その結果が《 学級崩壊 》を招いたのではないのか?




学校は学問を学ぶ処修める処 躾は家庭の領分 それが大前提のハズ。

躾の成ってないガキをどうやって矯正しろと?




続くかも。 …ってか、続ける。

関連記事

2013/02/06 Wed. 09:29 [edit]

category: 時事にオモウこと。

cm 3  tb 0 

コメント

体罰と暴力をいっしょくたにして禁じる理由は、「それを平等に処理するため」かな、と。
偉い人がその案件を処理するには統一された基準が必要で、それは誰の目にもはっきりと分かる基準でなくてはならない。基準があやふやだと、処理する、裁いたり批判したりする時に被害者や加害者に不公平になる。
平等=最善
の姿勢が極端になると、平等を、公平を確保するためならば事態の悪化もやむおえない、となる。結果的には。
統一基準で処理できなければ手間がかかるから、誰にでも簡単に処理できるように分かりやすく単純な決まりごとを作る。
暴力と体罰を分けると基準があやふやだから単純にはならない。
「暴力と体罰の区別を全国民ができるのか?できないだろ?」ということが重要であって、体罰の100%が悪なのかどうかは、社会にとって重要ではないのでしょう。
最近の風潮だと、こういう問題でなにより大事なのは統一基準。ってことなのかな、と最近感じる。

考えることをやめてる証拠。

私は、体罰は基本的に否定だけど、他害行為に対しては考えることがあると思う。
ただし、マニュアルがないと動けない人がいるのも現実だろうし、そういう人にあやふやな基準を示せば、拡大解釈で暴走しかねない。
でも、その暴力好きのマニュアル人間を封じるために、自分の頭で考える人の手足を縛るのは、どうなのか、とも思います。

Suzuka #wLDDfMU. | URL
2013/02/06 22:29 | edit

Re:スーさん。

体罰の裁定は現場の者に任されているのが現場で、だから混乱と戸惑いが在るのカモ、と思う。
特に年配のセンセは大変だろうと。

熱意は有るのに手段が無い。…これを世代間ギャップとしてかたつけるはどうかと。

注意して、逃げた輩の腕を掴んだくらいで『 体罰だw 』 。
少し声を荒げただけで『 パワハラだwww 』。

こんなヤツらをそのまま社会に出すほうがよっぽどだと・想うんだけどなぁ。
教育を腐らせたのはわたしたち親の世代の責任だとおもう。 頭は良くてもモラルが成ってない。手本に成ってないンだもの。

ゆう。 #- | URL
2013/02/06 23:21 | edit

すいません、訂正です。

よく分からずに「他害」という言葉を使いましたが、この言葉ってなぜか一種の場合ばかりに使われる言葉だったようですね。「他者への迷惑行為を大きくとらえて」くらいの意味で使いましたが、漢字そのまんまの意味ではあっても、対象の範囲がやたら狭いというか。
「他害」は、「他者に害を及ぼす行為」という意味で書きました。

Suzuka #wLDDfMU. | URL
2013/02/07 15:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/285-aa63176f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2021-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪