FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

確心的直感。 



。。。スルーで。

     RJAFパイロット。 既におなくなりになってンだもの取引には応じられぬ …そりゃ沈黙するしかないわな




関連記事

2015/01/31 Sat. 12:09 [edit]

category: 時事にオモウこと。

cm 6  tb 0 

コメント

。。。

そうなのね…
卑劣な手口で、引き延ばして…
じゃあ、もう。。。そうじゃないかと思うよ。

何故彼は、2歳と3ヶ月の娘さんを置いて行ったのか…
いくら使命感に燃えても、娘さんたちの「お父さん」は唯一無二の存在なのに❗残念だよ。

これから先に想うこと。
憎しみが、何処に向かうのか…ヨルダンの国民だって複雑な思いを抱えるでしょう。「有志連合の掃討作戦に参加しなければこんなことには!」って思う人。「いや、奴等はムスリムじゃない。殲滅せねば」って思う人。
産油国ではないヨルダン。
パイロットとリィシャウィ死刑囚との人質交渉には強固な姿勢だったヨルダン。(一度突っぱねてる)
どう考えても…
イヤ な 気持ちに なるね。。。

みーたん #- | URL
2015/01/31 13:05 | edit

。。。だとオモウの



ヨルダン政府の呼び掛けに答えないのは多分それだと
後藤さんは生きている けどパイロットは… イスラム国、よもやパイロットの引き渡しが条件になるとはおもわなかったのではナイかと愚考する
しかも "パイロットの無事が確認されたら死刑囚の解放に応じる" この条件。 "パイロットの無事" コレ、ね

オモウコト

軍人は国の一大事に命を掛けるのが当たり前。なのに
後藤さん、危険と判ってて彼の国に赴いたわたしに言わせたらそこつ者。子供と奥さんを置いて無事に帰れる保証なぞないのにこの行動。
彼らを救出するためにどれだけの人が動いているか 行かなければこんな事態にはならなかった

。。。義侠心? 違うなこれは蛮勇という


ゆう@ #- | URL
2015/01/31 18:34 | edit

捕捉。



。。。湯川さんに関してはもぅ、なんともな件。彼の国に渡航した時の肩書きとか拉致された状況を鑑みたら
民間軍事会社?オブザーバー??部隊撤収の折に迷子になって???ンでもってイスラム国部隊にコンタクト?

。。。なんといったらイイのかわからぬ

ゆう@ #- | URL
2015/01/31 18:45 | edit

無事は祈りたい…ただ…行動の責任は…。

後藤さんに、死んでほしくはないんだ。
それは大前提。
でもね、行く前にビデオメッセージで「全て自己責任」と言っておいて、2歳と3ヶ月の小さい子供達を置いて行ったことの「正義感」が解らないよ。。。
「父親」としての責任は?
これは主観だけど…
彼の行動が「自業自得•自己満足」と言われても仕方ないと、判断せざるを得ない。日本人のアイデンティティーが私にそう判断させる。勝手すぎた。
やはり、そこには「過信」があったと思うんだ。
゙きっと自分なら大丈夫 ゙
無法地帯に踏み込むのに…見通しが甘いんだよ。
「HEROにでもなるつもりか!お前は父親の責任を果たしてから危険地帯に行けよ!」って私が妻なら
ぶん殴るな。

みーたん #- | URL
2015/01/31 18:59 | edit

ごめん、throughに気がつかず。

湯川さんは… ご冥福をお祈りします。ご両親がお気の毒です。

みーたん #- | URL
2015/01/31 19:01 | edit



意見の在る 言える人はその限りでナイです

。。。ほんと、無事を願う

ゆう@ #- | URL
2015/01/31 19:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/2520-48c11af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2021-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪