FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

欲しいなら。 

 

自分主体もいいが、相手の意図、感情を汲み取り寄り添う。…それができない限り
トモダチはできないよ。出来たとしてもいずれ離れていく。何故か。


相手を知ろうとしないから。興味だけで関わろうとするから。
相手のプロフを視たのか? ブログを初めから読んで、読み返して 相手の考え思想、
何がNG なのか。それを理解したうえで会ったなら 今回のような《互いにとっての
悲劇》は起こらなかったのではと愚考する。




あなたがその手を放すから。自らその手を放すからさ?自分の都合で廻りを振り
回す。振られて手を放すから離れていくんだ。いらない誤解を与えたまま。

人は皆、居心地の良さを求める。…しかしな?自分の都合だけで廻りの意見を無
視すると結局、皆離れていくものさ。前にわたしは言った『ヒトの考え方、行動
の多様性を知れ』と。ヒトの社会とは己と他人との擦り合わせなのだ。そこには
時に自分を棄てて相手に合わせる、意に沿わない事もある。それが《付き合い》と
いうもの。…貴方はそうなったとき、イチイチ相手を伐っていくのか?そんな人に
付き合って、付き合い続けてくれる人が居るとでも思っているのだろうか。


もう一度だけ言う。貴方の都合で廻るほど世界は甘くないんだ。廻っているよう
に見えてもそれは《隔離された世界》での話だ。社会性が欲しくば
ヒトを《認める》こと。ひとに《謝る》こと《感謝する》こと。コレが大事。


無いものを追い求めるはいい。しかし追いすぎて足掻きが過ぎると誰も居なくなる。
貴方のとなりのそのひとが愛想を尽かさないように。そのひとは、他、大勢と同じなのだから。
そのひとに向ける優しさ気遣いを 他人に向けることが出来たなら。


すべてわたしの経験だ。故にわたしの主観。だが間違ってはいないはずだ。自ら
その手を放す相手に付き合う道理はないのだから。

わたしごときを《大切なブロガー(のひとり)》と言ってくれてありがとう。だから
こそ敢えて苦言を云わせてもらった。貴方が大切だからこそ、だ。


関連記事

2013/01/22 Tue. 04:04 [edit]

category: あなたに

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/248-05c61969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2019-10
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪