FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

どんと祭とどんと焼きああ舌咬みそうだ 

 

宮城県に広く伝わるどんと祭。どんとサイと呼ぶらしい

       


みーたんのいうハダカにサラシ姿で行列を組んで練り歩く
宮城県の多くの地区は寺社で持ち寄ったお正月飾りなどを焼いて その煙をカラダに浴びて無病息災を祈願する
そんなお祭り 。。。だったかな?(笑)
寒さで舌を噛まないように❔ 和紙をおクチに挟んで。 … 何故にそこまでwww

…ああさぶいぼがァァァァ( わたしが云うなというツッコミはナシでよろしく👍)





どんと焼き

       20150114174347db4.jpg

大まかな流れは《どんと祭》に類似するンだけど。
わたしの住む松本界隈に限っていえば寺社に参拝するというイベントはほぼ皆無に近いです
もっぱら田圃のまん中か河川敷の開けた場所でこれまたお正月飾りを持ち寄って焼いて過ごすという物。

焼け落ちた残り火で繭玉といわれるお餅をかざして 焼けたお餅を頬張りながらみんなで楽しくがここら辺のどんと焼きという行事なのね


。。。ドッチもサムすwww



関連記事

2015/01/14 Wed. 17:50 [edit]

category: ヒトの生態 その他の生態

cm 8  tb 0 

コメント

あぁぁ(;;゜;?;゜;)えんとりい 宴 鳥居 エントリーになっちゃったよ!(/-\*)ギャー( っ゚、。)っ

あ、すびばせんm(。_。)m
お手間をお掛けして申し訳ないっす(汗)

凄く好きなお祭りなのね、なんかね、変なテンションになるのよ…火と裸の参列と鈴の音(手に鈴を持ち、鳴らしながら練り歩く)に酔うの。
人の気に酔う。気持ちいいの。

偉いさんは羽織袴。
先頭は大きい🏮提灯。
オカメインコは羽織袴姿だが、某部長は33年間裸参り←364日身体を鍛える人。昔は忘年会で必ず全裸になってた方。全裸大好きな人。。。(/-\*)ミチャッタ オタカラ
元帥閣下は「裸」でのお参りを希望されましたが、年齢も年齢だし、偉いさんに「やめてくれ」と言われて泣く泣く「羽織袴」でご参加( ºこº )カワイソウ…

みーたんも初々しいフレッシュな頃に参加(笑)
20 年前、まだ15日が成人の日で祝日だった時に経験あり。祭りの後は温泉入って飲み会なんだよー❗
でも成人の日が第二月曜日になっちゃってさ、つまんない (´‘c_,‘` )チェ!

寒いのに、そうなのよ。わざわざ厳冬に…。
二年前は最悪😞⤵⤵大雪に吹雪で、中止になるかと思ったら、成らなかった。。。。雨天決行ならぬ、
吹雪決行( っ゚、。)っ カワイソウダッタ。

銀行も、有名企業も、大きい病院も参加(笑)←宣伝になるから。
「AED持参中」の旗を掲げて寒さの中を裸で行列。
この意味フな所も好きなんだよぉ。。。(笑)
伝統文化に意味は求めてはいけないことの一例。
「昔からそうだったから、これからもそう」
南部杜氏さん達が裸で参拝したのが起源らしいのよ。それまではどうしていたの?なぜ裸参りが定着したのか?は謎です。
大崎八幡宮は国宝のお社です(ー人ー)
裸と神道。日本の神様は実は裸が好きだと思う(笑)

みーたん #- | URL
2015/01/14 18:59 | edit

》カミサマはハダカがお好き🎵



あ~あイッチャッタ。( ^∀^)( ̄▽ ̄;) 言っちまったなぁw

うぃ。好きですハダカ(笑)

ゆう。 #- | URL
2015/01/14 19:21 | edit

だって、そうでしょ?( ´ ▽ ` )ノ

天照大御神だって、拗ねて閉じ籠っていて、天岩戸の外のすとりっぷしょーでチラ見した( ー̀дー́ )デアケラレタ
相撲だって「奉納」する( ー̀дー́ ) アレハ 神事。

オヤシロ様もお好きですか?




みーたん #- | URL
2015/01/14 19:39 | edit


。。。オヤシロさまは自称《カミサマとチガウ》と宣ってますw
好きかどうかは聴いてないキイテミタ、ら

《好きだぞハダカ(笑)》だってさorz

ゆう。 #- | URL
2015/01/14 20:08 | edit



どんど焼き。

釣り竿みたいにして普通のもちとサツマイモを焼いて食べた思い出が。


育成会行事だったけど今は子供も少ないし空き地もないので、神社でドラム缶らしい。




松本では三九郎の呼び名があるときいたけど、松本全体ではないのね。

地方によって、いろいろ呼び名が違うみたいだけど。



ところで神様の裸好きって…

ゆう。さん、その様子だと初詣は神様に怒られなかったのね。

ななこ #- | URL
2015/01/14 20:24 | edit

や、やはり!!!(*´з`)スキデセウ(笑)

オヤシロ様(∩´∀`)∩
神様じゃないけど、ゆう。さんのお友達。
お幼馴染み?(笑)
楽しい方だわぁ( *´艸`)ステキ!
裸、いいですよねぇ(^^♪
特にbeautyの裸 美しいもん(*ノωノ)キャウ♪
心も美しいから、つい側に居たくなるんでせうね(*'▽')ワカル!

あ、でね♪「道祖神様」も男根とか女性器だよねぇ、、って
調べたら、なんと安曇野市は市町村単位で道祖神様の数が
日本一だって( ゚Д゚)スゴーイ!!
双体道祖神様あるんでしょ?穂高神社に。
杵を男、臼を女に見立てて
「餅つき」を男女の睦事とした
夫婦円満の神様があるそうジャマイカ( *´艸`)マァ♪
連帯保証人の硬くて強い絆の更なる結束(?)のためにも
わだくす、いがねげねぇべよ。( `ー´)ノ
やっぱりね、夫とは仲良しのほうが日々楽しいの(笑)
なんだかんだあるけど、ステラレネーゼで良いの。
お金持ちじゃないけど、良いの(∩´∀`)∩ジユウヲ クレル
夫は苦労も共にできる人で いいんだっちゃ♪
虫やバイクと共に、愛してくれれば良いのだ(笑)

3月に向けて更なるモチベーションのUPに繋がった夜でし!!
beauty取り上げてくれてありがとうございます。
安曇野市、行きます(*‘ω‘ *)ワクワク

みーたん #- | URL
2015/01/14 21:17 | edit


エントリにしようかとオモタけどコッチで


…実はオヤシロさまがコッチに居っぱなしで つまりアッチは《もぬけの殻》状態だといぅコト 誰もシラナイ(笑)
年越しの挨拶云々の行事にその主役が不在だったのを知るのはわたしだけwww
おじいゃんは《わざわざ教えてくれなくとも良い》との事。

『 知らなくて良いこと。 お前には見えてもワシらにはわからん ならばそのまま誰にも教えなくともよい
《そこにいる》と信じるのが大事。お前が意味ないと教えてくれても今更俺らは祀るコトを止めるわけにはいかんからのw 』

そのおじいゃん 大晦日に亡くなりました 南無。

ゆう@ #- | URL
2015/01/17 12:39 | edit

お悔やみを。

そうだったの…。御冥福をお祈り申し上げます。

チベット密教なんかをみてても思うが(ポタラ宮目指して五体投地)、そこにダライ・ラマは居ないけど、やることが大事っていうか、わざわざ五体投地しなごら、やる。
その行為が大事なんだと思う。
どんと祭の裸参りもそうだが、意味があるか?届いているか?より、参る人がそれをやりたい、やることで心が落ち着くなら、いいんじゃないかと思う。現にオヤシロ様は時間と空間を超えて存在しているんだから、人々の祈りの気持ちは存分に届いているでしょ?だからいいんじゃないかしら。
祈りの気持ち、崇拝する気持ち、平穏無事を祈る気持ちはどこにいてもオヤシロ様は受け取っているはずですよね。( ´ ▽ ` )ノ オヤシロ様 ステキ
オヤシロ様もそうだと思うけど、
「自分のことを解ってくれる。話に耳を傾けてくれる。」そういう人の側にいたいのではないかな?

祈りや行は神様仏様のためというよりも、祈る人のためにあるものだと思う。所作の繰返し、祈りの言葉に込められた想いを言葉に出して発音すること。
千日回峰行を行った酒井雄哉大阿闍梨様や塩沼亮潤大阿闍梨様の「行」からも感じる。
「なぜそれを行うか?」やることで見えるもの。
あると思うの。

みーたん #- | URL
2015/01/17 13:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/2458-daf62c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2021-05
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪