FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ やまのお天気。 

 
※ 写真は木曽駒ヶ岳です




雲がかかってないと穏やかに見える稜線も

201501040719463c2.jpg


実はこのとーり。カンナで削ったようなエッジのきいた雲



                    ◆

山頂を通過する風と下から吹き上がる風 それがぶつかって合わさって稜線は地吹雪になってます
上の気圧と下の気温差 それが気圧差となって風が発生します 気圧が籠ると水蒸気が飽和状態になって雲が発生します
ソレがコレ。ちなみに上と下の写真 どちらも同じ気象条件です気温がチガウだけ。雪が在るけどそれはカンケーナイです




街から見える山の上。穏やかに見えても実は大荒れなコト 結構ある件。


関連記事

2015/01/04 Sun. 07:40 [edit]

category: 天体、気象

cm 6  tb 0 

コメント

なぜ、雪山でお正月を迎えたがるか?中高年。

おはよーは一個前に入れました。

お正月に毎年登山で亡くなる人がいるよね。
低気圧と寒波が来てるんだから、計画変更しても、やめればいいのにって私は思う。
助けにいくほうも大変で、留守宅の家族だって大変。年末年始の山岳事故に思うこと。

みーたん #- | URL
2015/01/04 09:18 | edit

( 〃▽〃)っ ♪ おっはよン



モニンコール みたし(笑)。

どんな趣味でも同じコト。リスクは少なからず在るもので。軽い怪我から命をポポィまで
山岳遭難海難救助はその最足るモノだったり。



救助に掛かるオカネの一例 ※民間に限るただし機材運用は民間も公的機関もたいして変わらないコトに注意

ヘリコプター:一時間当たり約60万円
人足:一日3万円~(時期と場所により変動)リスクが高けれオカネも高くなるコレ当たり前。

登山はオカネを喰い潰すと云われる由縁。





ゆう。@ #- | URL
2015/01/04 10:37 | edit

捕捉

どーしてこんなにオカネタカイのか その理由。

遭難するシテルと云うことはソコは命をオトす危険がアルと云うこと

ヘリコプターに乗っていてもその危険度はかわらない
刻々と変わる乱気流 視界不良コワイよね?
地上班も同じ理由。


…誰が送ってきたか《一日3万円? 好きなヤマに登れて3万円。イイ稼ぎだな》 …阿呆。
命を掛けて助けに行くんだ そんなコトすら理解しないおまいの為に書いておく
一日3万円。それが命の代価 高いのかソーカ 貴様は一時間3万円の価値しかナイんだな ワカッタ(笑)

ゆう。@ #- | URL
2015/01/04 10:56 | edit

かまってちゃんがきたの?

どんな状況の山に登るか、わかってたらそんなことは簡単には、言えない。助けるほうも命懸け。

名無しさん?
山岳救助隊の前で、同じこと 言えるかな?
ネットの匿名性を利用して、言うんだよね?
何があっても冬山の救助隊に選抜されて、登る状況にない立場から言えるのよね。

いつも思う。
君に絡んで怒らせたい人は、自分はとても安全な位置にいる。ネットの功罪をヒシヒシと感じるよ。





みーたん #- | URL
2015/01/04 11:53 | edit



(* ̄∇ ̄)ノふふン。

阿呆にはマケル気もしない(笑)。どんまいっ

ゆう。@ #- | URL
2015/01/04 12:09 | edit

そうだ!(*´w`*)

めげなくなったbeauty素敵( ˘ ³˘)♥ンーチュ♪
なんか、強くなったねbeauty( 。-_-。)ε・ )チュ←ミータン

めげたら 慰めるから、言って( ̄へ ̄o)フム!
そのための 見守り隊♪






みーたん #- | URL
2015/01/04 13:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/2433-ce0519b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2021-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪