FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

そしてわたしに戻る 

シャァァァァァ…



意識は有るのに考える意思が ない
呆けながら見詰めている床



パチ …パチン。 …パチン、ぱち。…パチン。

誰かがわたしの頬を叩いている。



ぱ…ちん。 …ぱちん。ぱちん。……ぱちん …ぱちん。



わたしがわたしを呼んでいる。
『ハヤクオキテヨ』。



ゆう♀がわたしを呼んでいる




意識と感情が戻る。

慌ててシャワーを止めて お風呂に浸かる。



『…終わったの?』。 ゆう♀は言葉を選びながら問いかける



『…………終わった 』。まだ頭とカラダが繋がらない。
『…フ…ゥ…ひいぃん』。 ゆう♀が泣いている。
ゆう♀は感覚がワタシと繋がっている。だからせめて眼を閉じさせておいたんだけど


『…ごめん』。わたしはゆう♀に謝った。『謝らないで』。 ゆう♀は言う。


感覚を分け与えてしまった故にこいつは壊れてしまった。
絶望と快楽と。感情と感覚がズレたまま 快楽に溺れてしまった。





わたしの責任。 わたしがゆう♀を壊した



関連記事

2012/12/30 Sun. 19:52 [edit]

category: わたしの性癖、破壊癖。

thread: ひとりごと - janre: 日記

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://1129600.blog.fc2.com/tb.php/199-e013fc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-09
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪