FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

【 水遊び 】発送。 

 
                   時たまに

           


      特定の 馴染みのヒトから素材としての依頼がある。使用用途はオカズのソレ。
               トーゼン非売品 (笑)


        非売品だから単価はとっても高い1本ぅんじぅまんえんなのに
        顔はミセナイ背景はカオスとってもシュールなおなにーだけど


            やでやれアンタも好きねぇと 呟きながら 笑


 
                     ◆

       今回の収益はみんな義援金にまわしたですよ それしかできないから


関連記事

2014/08/23 Sat. 19:11 [edit]

category: わたしのお仕事。

cm 5  tb --  

コメント

おはようございます♪ヽ(・∀・)ノ

とりあえず、ご挨拶から(*´∇`*)
そろそろ着きそうです。
へへ、やっぱり疲れた( ̄▽ ̄;)
でもね、現地で観るのは違うの。当たり前だけど、圧巻でした。こういうときに「生きてて良かった(T_T)」って思います。

広島の災害。私も募金しました。繰り返される悲劇に、何だか言葉ガデマセン。悲しい。

徒然は帰ったら。PCから送ります!

口角を上げる言葉
ラッキー クッキー ウイスキー
今日も一日 ニッコリヽ(・∀・)ノ イエイ♪

みーたん #- | URL
2014/08/24 04:52 | edit

おはようございます~♪

ゆう。さん、おはようございます~♪

昨夜も激しい雨が降っているのを聞きながら寝ました(~_~;)
みーたんは花火を見に「いいなぁ~」

当地でも花火大会があったのですが、雨雲?遮られて、遠くから見ている私には綺麗な大輪の花火が薄く隠れてしまいましたよ(^_^;)

広島、他人事に思えない、これから先がホント!大変だと思う、
私も少しですが募金に協力を、、こんなことしか出来ない歯がゆさを感じる。

パイパン大好き #xwn29P.U | URL
2014/08/24 07:58 | edit

木食修行の意味

改めて、おはようございます。

吊られましたか。。重力のくびきから自由になったのね。
吊られたことはないけれど、ひっくり返されて挿入はあるなぁ。
でも、頭に血が上ってしまうので、私はあまり好みじゃない。
きっと、うまくやるためのコツとか、吊られる姿勢の工夫が
あるのかもね♪   楽しめたなら  良い良いよーいっとな♪

「即身仏への道」
高温多湿の日本の風土で、死体を残すのは、実は至難の技
です。即身仏にならんと欲する修験者は、特別な食事をとります。

先日の楼蘭の美女も、ミイラなんですが、実は偶然の産物なの。
死体を土葬したけれど、砂漠の乾いた空気のおかげで
自然にミイラになっただけ。別にミイラ作成を目的としたミイラでは
ないのです。エジプトのミイラは遺体を残すために、苛性ソーダで遺体を洗ったり、内臓を抜いたりして防腐処置をしています。そこらへんは割愛ね。

で、即身仏になり、後生の皆のために「身体」を腐らずに残すため
修験者は「木食修行」をします。
身体の成分を腐りにくい物に替えるための食事を3年から4年続けるそうです。
木の実(くるみ、はしばみ、こうの実、そばがき、かやの実)だけを
少量食べて、命をつなぐ。

身体を残すために命をつなぐ。

五穀、十穀断ち(米、麦、大豆、ごまなどの栄養があるお腹がいっぱいになるものは一切口にしない)をし、命の限界まで、身体を絞り続けます。
即身仏となって末代まで身体を残すため、身体の水分、脂肪分を落とし、生きている間から即身仏に近い状態に作り上げていくのです。

想像できる?私は想像できません。

湯殿山の仙人沢に山ごもりして、一日に何キロも山道を走り、水ごりをして、山にこもり続けます。ふらふらになって、自力歩行が難しくなるまで即身仏になる
ために修行をされます。

そして、いよいよ限界がきたら。
断食。水も食べ物も持たず、独姑、鐘や鈴を持ち
地下3メートルのたて穴に生きたまま入ります。自力で入れない場合は
村の民がお手伝いされるそうです。
これを「土中入定」といいます。
入定塚の中に石室をきずき、木製の棺の中に座位のままで
生きたまま、入り、竹筒だけを地上への空気穴兼音の穴として残し、
埋めます。
なぜ、竹筒を地上へだすのか?
即身仏になるまで、つまり命が果てるまで、修験者はお経を唱え続ける。
朝も晩も、ずっとお経を唱える声、鈴の音色が、竹からは聞こえる。

聞こえなくなったら。。。
入定されたということ。真言密教では亡くなることは「向こうの世界に入られた」
と理解します。だから、入定。高野山におわす空海も入定されていて、今も
まだ生きていると信じられています。

お経の声がついえたら、一度穴を掘ります。
そして、座位が崩れていたら直して差し上げて、座位のままのお姿なら
また土中に埋めます。そして3年3ヶ月後に再び掘り起こしたのが
現在までお姿を残される「即身仏」なのです。

なぜ、即身仏をめざすのか?
末世までの人々の苦しみを救い、願い事を叶えるために木食行者となり
即身仏になる他はないと決意され、厳しい修行をされたそうです。

即身仏の入定後の名前を「海号」といいます。
海という字は真言宗の開祖弘法大志「空海」の徳を慕って
用いたものです。
私が会ったのは「中海上人」様と「円明海上人」様」です。

壮絶すぎて、崇高すぎて、想像できない。
志がすごい。
だけど、「救いたい、何とかしたい」はね、現代に生きる私が会っても
わかるのよ。人のために生きなさい。自分が良ければ、では貧しい心しか
持つことは出来ない。貧しくなるも、豊かに生きるもあなた次第。
さて、どうしたい?どんな人生にしたい?選べる自由をどう使う?
って聞かれた気がするのです。

で、私はここに来て、ゆう。さんの軒下にいますのん♪
最後の日まで一緒だから。
実生活はなる。さんとAさん、かずねたん(ワチャワチャ癒し系担当)がいるし、
JKちゃんやお友達が固めてるからモーマンタイ(^_^)v
ブログはね、私が幅をきかせてます。すみません、占有するつもりはない。
ブログ守り隊 随時募集中です。勇気のある、エロ得意なもの来たれ!

すみません、すみません。長いし、許してね。
花火明けの ぼんやりした頭での徒然でした。

みーたん #- | URL
2014/08/24 09:52 | edit

即身仏、か

おはようございます きょうも元気にエイエイオー。


。。。。。。 なんて
なんて崇高な志だろうと。みんな いつの時代も己だけで精一杯なのに
だからこそ、なのか

過酷過ぎて泣ける

ゆう。 #Rfrn9cMg | URL
2014/08/24 10:30 | edit

山形県 鶴岡市 注連寺

鐵門海上人の即身仏は
片方のコウガンがない即身仏です。

なぜ、ないのでしょうか?

鐵門海上人はかなりモテた男性だったと言われています。お侍さんで、若い頃はかなり遊んだのかな?(笑)まぁ、色々あって、修験の道を知り、山伏となって修行をする。
そこに、一人の遊女が訪ねてきました。「私はどうしても貴方と一緒になりたい。だから女郎屋を抜け出してきました。私と一緒になって欲しい」足抜けって、知ってる?
満期を待たず、身請けを待たずに女郎屋を脱走すること。それは、つまりそういうこと。捕まったら、死ぬより酷い目にあうわけ。
それを覚悟して抜け出してきた遊女に、鐵門海上人は、こう言いました。

「そこまでして。。。お前という女は。業の深い女よ。しかし、私はお前と一緒にはなれぬのだ。私は苦しむ民のために、即身仏になることを誓った身なのだ。しかし、そなたも不憫でならぬ。ここは、湯殿山。女人禁制の山であることはそなたも知っておろう。女であることがばれたら、どんな祟りが起こるのか、そなたにこれをやろう。少し待っていておくれ」そう言って、鐵門海上人は席を外す。
しばらくして彼は戻ってきた。遊女の手を取り、血まみれの肉塊を渡す。
「これを、持ちなさい。これは男の身の証。これを身に付けていれば、そなたも男。祟りは起こらぬ」
そう。鐵門海上人は自分のコウガンを片方引きちぎり、遊女に握らせたのだ。
血まみれの上人を見て、女は決意する。
「わかりました。あなた様の決意がわかりました。私がいては足手まとい。私は頂いたこれを御守りにして生きて参ります。どうか、本願成就なさいませ。遠くからお祈りいたしております。」そう言って遊女は湯殿山を降りました。女郎屋に戻った遊女は、いきさつを話して、元の仕事に戻りました。鐵門海上人のご利益もあったのか、大変繁盛して、晩年は幸せに暮らしたということです。

鐵門海上人のお話。
注連寺は限界集落にあるお寺さん。
まだ会いにいっていませんが、会いに行きたい即身仏なのです。

昼下がりの温泉で。徒然語り。
家族サービスし過ぎて、疲れたもん。
明日は夜まで握手会だから、チャージしないと。森の空気と温泉で、元気をチャージ中。

みーたん #- | URL
2014/08/24 12:25 | edit

コメントの投稿

Secret

2021-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪