FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

  【追記アリ】… ヒトってやつは。【 再掲 】 

 
201408201603536cc.jpg

宗教って なんだろ 分かってはいるけど


 

201408201603536cc.jpg
ガスでコロサレテ。



飼いたいからとカワイイからと買われ飼われて 事情があってか捨てられて野良になって
野良だからって捕まって コロサレテ
野良だからって 殺される

201408201603534c1.jpg
親熊をコロシテ 子熊を野に放して …生きていけるワケ ナイのに



作物を 襲われた荒らされたからといって 駆除と言う名目でコロサレテ
生きてく術を 環境を奪われて 下りてきたらコロサレテ。
奪っておいて奪うな、と


。。。なんて軽い命だろう

わたしだったら救いたいとは想わない オモワナイ …コンナ生き物。摂理から外れた命の扱いを強要する
当たり前のように振る舞うにんげんという生き物。



◆ 追記
増殖して他の生き物相手にワガママぶっこいといて神頼み

。。。たぶん 神様的にはにんげんも他の生き物も同列。 わたしたちが他の生き物の捕食を視てオモウのと変わらないとオモワレ。足許の蟻を意識しないで踏み潰してるのと同じ

いくら祈ろうが神頼みとやらは視てるだけ俯瞰してるだけ。
造った世界を眺めているだけ


祈るわたしたちを視て笑ってるかも? そぅ オモウです


[2014/08/24]
関連記事

2016/06/09 Thu. 11:15 [edit]

category: 時事にオモウこと。

cm 5  tb --  

コメント

だから、神様が怒るのよ。

例:ノアの方舟

せっかく創ったのに、失敗。ニンゲン失敗。
滅ぼす。ムニ カエス。

そういう話はたくさんあります。
バベルの塔もそうです。

驕り高ぶる人類は
そのうち滅ぶでしょう。

それでも地球は廻ります。ニンゲンなど、要らないって思われたら、ひとたまりもない。

恐竜だって滅びたのだから
人類だって滅ぶでしょう 殲滅が待ってる

当然の報い
身から出た錆び
バチが当たる

それは感じますが、いつそれが来るのか?
わからない。
でも、家族は生きてて欲しい。愛する人が苦しむ様はみたくない。
そんな風に思いました。

みーたん #- | URL
2014/08/20 16:53 | edit




…なんて答えればいいのかorz

ゆう。@オキタし #- | URL
2016/06/09 16:24 | edit



・・・淘汰されるべきは 文明に操られすぎた (一部の)人間の側なんではないか?と、思われますが・・・。

もとか #fJCkTmRs | URL
2016/06/09 18:41 | edit

ありゃ。

さっきのコメント 編集できないや (^。^;)

追記

文頭を
「今すぐに」淘汰されるべきは・・・

に 置き換えて お読みください m(_ _)m

出る杭は打たれる、唯我独尊(両方とも、良くないほうの意味で) じゃないけど
自惚れてると痛い目をみるのは 自然を畏れて共存する人にとっては至極当たり前のことなんやけどねぇ。

もとか@今もガラケー #2mQy8n6Q | URL
2016/06/09 19:19 | edit

近所に野良猫なのか飼い猫なのか判らないが、複数の猫が我が家の庭に糞尿をまき散らす。
それが非常に腹立たしく思う、
対策として、猫が嫌がる匂い?忌避剤なるものを散布したり、
柵を作ったりして猫の侵入を阻止しようとするだが、どれも上手くいかない! 正直腹が立つ! 

しかし猫の立場?にしてみれば、生きている証拠?習性だから、
他の生命体=人間にとやかく言われる筋合いのものでは無い・・、

ふと思った、生き残るためには弱肉強食、捕食は当たり前だ。
よく自然とか、他の生命体・植物と『共存』ってことを聞くが、
助け合いではないような・・、バランス? 競争? サバイバル? 

今回こととは関係ないが思い出したことがある。
航空機事故?不時着して生存者が生き残るために死亡した人の人肉を食べた、
助け出されて、その行為に対して宗教関係者とか、生存者と死亡した人間=食べられた人の親族との間とかで賛否が別れた。

私がもしも生存者の立場なら、究極の選択だが“食べるだろう”

結局私は何が言いたいのか、判らなくなった、、
中途半端なコメントで申し訳ない <m(__)m>

パイパン大好き #xwn29P.U | URL
2016/06/11 15:38 | edit

コメントの投稿

Secret

2021-05
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪