FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

オモウコト。 

 
自己責任という《 責任転換 》自己責任という《 責任転嫁 》


責任ある立場に派遣を置くという非常識。安く雇っておいて責任は押し付ける …おかしいだろ
部下が正社員という歪な環境。それを意味するコトを理解する するからこそアタマにくる
他人事ながらアタマにくる


腐ってるとしか例えようがないと。



経営戦略? それは戦略とは言わんよ
腐った環境に違和感も感じない是正もしない企業に戦略など意味がない

使い捨て、なんだから。

人がいなくなったら潰れるしかないのだから。
グラグラな企業にヒトが居付くワケがない



お先マックラ

関連記事

2014/07/14 Mon. 17:01 [edit]

category: 時事にオモウこと。

cm 4  tb --  

コメント

蜥蜴の尻尾

今の時代は、色んなことが「それ、おかしくない?」って思うことばかり。

だから、鬱になる人のほうが正常な感覚の持ち主だ、という記事を3年前のsihth(だったか?)という雑誌で読んだ。
だから、会社に行きたくないと思う人のほうがほうが自分の心の気持ちに素直になれる人、それを理性(会社に行かなくてはいけない)で抑えこもうとするから、ショートしてしまう。そして会社に行けなくなる、みたいな話だったかな。
色んな精神科の先生のお話がのってて面白かった。そうやって会社に行けなくなった人にリワーク(休職中からの社会復帰)を勧める時、ある先生はこういう風に思えっていうの。
「SPYになった気分で戻ろう。元のあなたではなく、コイツら(まぁ、社蓄と表現しておこう)変なことやってるぞ。そいつらに紛れておこう的な気分で戻ろう」
休職した職場に戻るのが正しいとかではなく、今の社会で行き詰まりを感じたら、行き詰まりを感じた自分を責めるのではなく、社会のほうがおかしいと思ってもいいんじゃない?
という話だった。

確かに、おかしい。
派遣のほうが責任あるって変だけど、裏を返せば辞めるの前提ってことだよね。頭をすげ替えても、業務は成り立ってしまう。
そんな企業は100年持つか?っていったらもたないと思うけど。
武田信玄だっけ?
人は城
人は石垣
人は掘
情けは味方
仇は敵なり
って言葉を残したの。

人のモチベーションをあげる経営理念じゃないと、企業も残らないよ。企業は人なり。なんだもの。

そんなことをツラツラ考えた
夕方のホテルで一人。




みーたん #- | URL
2014/07/14 17:34 | edit

。。。 ナンカナー。



。。。みーたんってエスパーでしか? 何故ソコまでわたしが書いてないコトを理解しますか?
コワヒ (笑)

ゆう。 #/3WEEAIQ | URL
2014/07/14 17:41 | edit

子供たちがね

「お母ちゃんには妖怪アンテナがたっている」と言います。
たまに、不思議なことをおこします。

信じなくても
かまいませんが。

みーたん #- | URL
2014/07/14 17:57 | edit

記事とみーたんのコメント読んで、、考えされられる。

一部のコールセンターでは派遣だけで運営さていて、委託企業の苦情を受けて、それに耐えられなくて辞めていくとか、、

また一日〇〇〇〇件、電話セールをノルマを課せられ、それに耐えきれずこれまた辞めて次々新しい派遣=低賃金で雇うとか、

派遣だから使い捨て? 若しもそうなら、、悲しいなぁ~。

パイパン大好き #xwn29P.U | URL
2014/07/14 18:10 | edit

コメントの投稿

Secret

2021-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪