FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

  遭難しかけた? こと。 




いや、山でなく庭先でというか(笑)。 オヤシロ様のところでのお話。
わたしがまだ幼稚園児の頃。ひぃじいひぃばぁちゃまのいた頃


お年越えを迎えるためにやってきた はじめての此処。村道はこまめに除雪がされて(た ラシイ)いて けど其処から先はソレなりの除雪しかされていない(らしぃ)。

道に接する駐車場からお庭(境内?)を挟んで玄関までその距離だいたい4~50㍍。豪雪地帯の只中に在るから除雪も仕切れなくて?みたいな
玄関の真上にもうひとつ玄関がある 冬場専用の玄関。 そこでの話。


先週から続く雪、 もぅ一階の屋根に届く勢いで
朝起きて 二階にかけ上がって窓を開ける 外はコンコンと降りつづいて。音が雪に吸い込まれてとても静かで道を過ぎていく車の音も遠くに聞こえる

ご飯をいただいて。やることがなくてただ外を見ている

青を含んだ雪、根雪。誰も歩いていない境内 其処を歩きたくなって。大人はお年越しを迎えるためにバタバタ わたしはウズウズして。
御部屋に戻っては半纏を纏って また二階にはあがって そこから


飛び降りた …や。正確には脚を滑らせてオチたといった方がいいのか(笑)。 はしごが掛けてあってそこを滑らして。


背中躰から堕ちて。そのままのカッコで落ちて 大の字。 まだ除雪をしていないお庭に続く道に
オチた


しばらくして気が付いて。顔にあたる雪、
右も左も上も真っ白。…ジタバタしてみる けど動かないうごけない背中がお尻がつめたくて

泣いて喚いて。でもその声は届かなくて 雪に吸い込まれて届かなくて。
泣いて喚いて疲れて そのままわたしは寝てしまって …気がついたら囲炉裏の横。

おかあさまは裸で わたしも裸で抱かれて 気付いたわたしにおかあさま《 ああ、良かった 》と
半時ほど時間がたった頃、おかあさま ワタシガいないコトには気がついたらしく探しに捜してオチタわたしを見付けて。病院も遠くて雪も深くて だから此処で抱き続けていたらしい

トーゼン こっぴどく怒られたのは当たり前。だからこの記憶はいまだに鮮明、だったり(笑)。




この時期になると思い出すコト クワバラくわばら(笑)

関連記事

2013/12/30 Mon. 21:59 [edit]

category: わたしとオヤシロさまの関係w

cm 4  tb --  

コメント

Σ(゚Д゚;)

無事で良かったですね(ノω;)

それにしても、深い雪の中恐かったでしょうに・・・

あったかいお母様の肌で目覚める事が出来て

本当に良かった(つДT)

@i #DyfW1zg2 | URL
2013/12/31 08:50 | edit

Re: Σ(゚Д゚;)

> 無事で良かったですね(ノω;)
>
> それにしても、深い雪の中恐かったでしょうに・・・
>
> あったかいお母様の肌で目覚める事が出来て
>
> 本当に良かった(つДT)

や、まぢに死ぬ手前だったらしぃデス アゥアゥ。

ゆう。 #DyfW1zg2 | URL
2013/12/31 12:04 | edit

子供の時って

体温調節下手だし、小さいから下がるのも早いからねえ…。
小さい子供がいる私としてはお母様の気持ちを考えるとぞーっとするよ。
そりゃあ、どんなにやさしいお母様でもうんとこさ叱られるだろうと思うよ…。
生きててよかった、うん。

Momo #- | URL
2013/12/31 15:26 | edit

Re: 子供の時って

> 体温調節下手だし、小さいから下がるのも早いからねえ…。
> 小さい子供がいる私としてはお母様の気持ちを考えるとぞーっとするよ。
> そりゃあ、どんなにやさしいお母様でもうんとこさ叱られるだろうと思うよ…。
> 生きててよかった、うん。


ぅん。お尻をさんざぺしぺしされました …イタカッタorz

ゆう。 #DyfW1zg2 | URL
2013/12/31 15:30 | edit

コメントの投稿

Secret

2020-09
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪