FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ 酷暑お見舞い申し上げます 




             まぢで洒落にならん暑さだから。

            2018072701383901d.jpg



             雪山でなく(カカヲ殿と被るから) 敢えて空

                   ぃあ、…海か?


2018/07/27 Fri. 01:48 [edit]

category: 暮らし

cm 0  tb 0 

っ 天ぷらを化学スル。 



          季節の素材を美味しく食べる手段のひとつに天婦羅がある
           ちなみにこの天婦羅 江戸が発祥と云われてますです故に江戸料理

                天ぷら 膳


         《 素材を切り分け小麦粉を溶いたタネに潜らせ油で揚げる料理 》

          文字に起こせばそれだけの事。だけどそのひとつ毎のお仕事
          に美味しくするための技がある …その紹介。
          そちなみに"食材"でなく"揚げる工程"です

         っ タネ 玉水の仕込み
          ボウル(調理器具)と卵はよく冷やす 水は常温
          用意するボウルはふたつ《 大きいの 》《 小さいの 》。 大き
          きいボウルに水と氷。小さいボウルを浮かべて卵 そして常温
          の水を少しづつ加えてかき混ぜる
          大事なのは常温の水。 冷やすならと水もとオモウけどそれを
          過ぎると卵がぐずぐず モロモロになっちゃうの。
          できた玉水に小麦粉を加えてく

         っ 小麦粉を加える
          大事なのは
           冷えた小麦粉を篩(ふるい)にかけながら少しづつ加えてく
                                  って事。

          卵と小麦粉を冷やした事で結果的に水も冷える …そして冷え
          た小麦粉は混ぜる過程で粘りの素となるグルテンの発生を抑
          える
          粘りのあると衣が固くなる = だから冷やす なのね。
           かき混ぜ過ぎるのもグルテンを発生させる元だからダメ

          粘りのある衣にはその表面に穴がナイ。 穴ができないと油の熱
          で発生した水気が抜けない …結果水っぽい揚げ物になる。

            高温で水気とアクを抜き取り旨味だけを閉じ込める料理
                          それが揚げモノ料理の真髄

         っ 油の管理
          油は熱を加えると酸化速度が上がる 油煙が立つと致命的。 な
          ので無駄に加熱させないが大事。酸化とはこの場合"劣化"とも。
          油の種類で発煙温度が違う件。

            菜種油、大豆油は高め / 米油、胡麻油 オリーブ油は低い



            後は食べるタイミング。 揚げたてデキタテを喰らうは至福




               -- 続き読む? …読むの? ホントに?--               

2018/07/27 Fri. 11:55 [edit]

category: 暮らし・たべもの

cm 11  tb 0 

っ 風の効果。 



                  乾燥してると特にオモウ

                温室/ハウス 菜園


                  風があると過ごしやすい


っ 温室地獄。

2018/07/27 Fri. 18:35 [edit]

category: 暮らし

cm 0  tb 0 
2018-07
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪