FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ やっぱりネ。 



        韓国外交部 先の"慰安婦合意"について見解を発表
               合意内容に欠陥が在るため再協議が必要
との見解


                韓国 慰安婦合意見解


              や。こーなる事は解ってた( )



             けどね ソレ既にそちらの内政問題ですョそれともナニか?
              10億、耳揃えて返して無かったコトにでも?


            アタマ(大統領)が代わる度に蒸し返す …ホント辟易
              民意を理由にその都度何時までもあーだこーだ …ソレって
              事故シテ示談保証成立後に頭ガ脚ガと絡ンでくるアレと同じ


           "不可逆的" この文言を理解しないのは民族的特性か?

                    ホントチンピラ

2017/12/28 Thu. 07:58 [edit]

category: お隣サン。(南)

tag: 日々の呟き:  時事:    政治政局  不可逆的 
cm 6  tb 0 

  潜む影 。  



秋葉原。そこに立っているJK(女子高生) デートという営業を持ち掛けてくる。

彼女らが声をかける相手は20代から上の男性。彼女たちは何を考えているのだろう? "男性に声を掛けてデートに誘う"その意味を。


男性の眼には彼女たちは女子高生。だけど声を掛けてキタ時点で男性にとって女子高生はオンナとしての商品になる。これは事実。…わかっているのかな? だろうけど。
レギュラーサービスの売上の半分は雇い主(?)に納める。オプショナルサービスのすべてが彼女らの取り分 だから必然的に。
ナカにはわけワカメなオプションがあったりな件。《見つめあって幾ら》みたいな(笑)。

…そもそも個人的なデートの斡旋に雇用主(胴元)が居るのかアヤシイのだけど? 装ってはいてもシステムのソレはどこから見ても風俗のソレにしか見えない。…まぁそんなことはどうでもいい。




未熟なカラダを商品として




反対はしない。したところで彼女たちはソレなりの理由が在るのだから …すべてはお金。
"お金" その為に彼女たちは女子高生という価値を存分に利用している。

オモウコトはある。在るけれど危険を承知でやっているとわたしは理解する ならばあとは彼女たち次第。
逃げようが喰われようが知ったコトではない。…ただし

なかったコトには出来ない。カラダをのやり取りが有ろうと無かろうと《カラダを商品として》
オトコを誘ったという事実はなくならない


なかったコトには出来ない あなたのやっているコトはそういう事。精神を汚すという事。
だってソコにはお金しかナイんだもの


分別を持ち合わせた大人が理由があって風俗に身をおとす …わかるから それは否定しない
親から小遣いをもらっている子供が己の欲求のために身体をけがす …それを私は許さない



…わたしが言うのもおこがましいんだけど。売りたくて売っている けど

未熟なココロ
未熟なカラダ



欲にまみれてカラダを売って

ココロが壊れなくても 壊れてなくても 精神が崩れる 何処かが綻ぶ。
わたしはそれが心配です

カラダを売ってお金を手にいれて …あなたの目的はなぁに? おしゃれのため? おともだちとのお付き合いのため? 欲しいモノを手に入れるため? …それって
いま、カラダを売ってまでして 必要なものですか?


親御さんから貰うおこずかいでは足りない。…分かるけど 判らない?

着飾るためにカラダを売って。ココロは平気?
身の丈以上に着飾って わたしから視れば滑稽だ。

                 2017122817451139b.jpg



あなたに子供が出来たとき 貴女はなにを想うだろう。 誤魔化しても付いてくる
その時のあなたが付いてくる


[2013/04/24]

2017/12/28 Thu. 17:40 [edit]

category: 日常・過去

tag: 日々の呟き:JK  カネカラダ  需要 
cm 5  tb 0 
2017-12
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪