FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

っ ☔ 雨でし。 

 

          


      きょうはいちにち雨の予想。どれだけ降ってくれるかな? 期待ッ♪



2015/06/03 Wed. 05:19 [edit]

category: 暮らし

cm 10  tb 0 

  楽土だった島"沖縄" 

 

" 楽土だった島 "の現状


2015060319572292f.jpg


     西洋の世界地図です アメリカの東に在る大陸、そのさらに東に日本は在る
                  だから極東。






沖縄。 此処にはアメリカ3軍と海兵隊の基地がある
基地とは不動の施設 キャンプとは駐屯地のコト。駐屯地は移動が前提の基地なのです
キャンプと名のつく理由は政治的配慮から。



                 。。。ンで 基地の周囲。

201410061715387d0.jpg





実は街の真ん中に基地があるでなく基地を中心に街が拡がっていったがただしい。 その経緯は戦後から始まっている

戦後の混乱 田畑は荒れて でも人が少なくて。でも生きていくにはお金がいる … そういうこと。
沖縄はその頃アメリカの占領地 当然 流通貨幣もアメリカ$。(日本)本土から食料を買うよりも断然手間取らず
アメリカ兵士が落としてくれるお金が生活の糧となって。基地を招聘したのは当時の島民。これは文献にも在る。
基地を生活の糧とした そしてそれは今もさして変わらない


沖縄が受けている補助金という名の恩恵。

当たり前で見えてない恩恵 それは兵士が落としてくれるお金。 それと基地のナカで働いている人達の給与

それとは別に 眼に見えない恩恵 それが


道路保全整備補助  95%(他府県 70%)
学校等建設整備補助 85% ( 50% )
漁港湾整備補助   90% ( 66% )
公営住宅整備補助  75% ( 50% )
水道施設整備補助  75% ( 33% )


すべては国庫からの補助金で賄われている
アメリカ軍が在ることで民間で動くお金は年間およそ2000億とされている

… もしも。基地がすべて沖縄県から出ていったとして そしたら上記の生活の糧と補助金はすべて他の都府県に準じた比率となるんだけどそしたら

賄えるのか、と。



。。。すべては元(鳩山)ぽっぽ総理の " 最低でも県外 " コレが発端。
できもしないコトを " その場のノリ " でクチから出すからこうなった 沖縄県民を弄んだに等しい。


2015052721070083a.jpg


  ロシア そして中国の大平洋への進出を阻む地勢学的に日本は在る 沖縄はその最重要拠点。
          故に此所沖縄だけで在日米軍の70%強の基地が在る



戦略的に沖縄からの撤退はアリエナイ 有り得るとしたらそれは憲法解釈の変更と認知、それが必須。
自国の領土は自国で護る 守れるだから出ていけ と。

中東から極東を臨む戦略的地域 それが沖縄なのです
沖縄。 なるべくしてなってしまった戦略拠点。

日米安全保障条約、コレに頼っている限り 沖縄からの《 アメリカ軍部隊の撤退 》はアリエナイのです





。。。だけどね


正直 沖縄に負担を求める続けるのも酷いと想うのね
沖縄島民の想いは"基地率の軽減" これに尽きる すべての米軍基地を無くせとは言ってない

"せめて普天間は県外に"それだけ。


海兵隊が抑止力になると云うのはワカル けど沖縄に固執する必要もナイとわたしはオモウの




政府はも少し沖縄の想いを受け止めるべきだと。受け止めて行動で応える それが責任。

おわり



[2014/10/06]

2015/06/03 Wed. 19:45 [edit]

category: 時事

tag: 日々の呟き:  時事/沖縄/基地問題 
cm 23  tb --  

ダラダラ。 

 

          


               種無しのソレ。ダラダラ



               -- 続き読む? …読むの? ホントに?--               

2015/06/03 Wed. 22:43 [edit]

category: ぷれい。

cm 8  tb 0 

っ 明日の。 

 

         


             焼きながらだらだらシタですよ(笑)


っ ゴメンナサイ。

2015/06/03 Wed. 23:16 [edit]

category: 暮らし・たべもの

cm 6  tb 0 
2015-06
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪