FC2ブログ

きょうもいいてんきっ♪♪♪

日々の想いを此処に。…これがわたしこれもワタシ想いを感情を書き綴っています …なるたけ前向きに 笑 ちなみに此処はR-18デスハイそこのお子ちゃま回れ右ッ!

  空中給油の話 (ぼちぼち加筆予定) 



      空中給油a
       Sー3バイキングから補給を受けるEAー6プラウラ
        Sー3は対潜水艦情報収集/哨戒機 爆装の代わりに燃料タンクを装備
        EAー6は攻撃機改修の電子戦特化型攻撃機

                 EAー6プラウラ キャビン
                   L字型の構造物がプローブです


             アメリカ海軍の"攻撃機から給油"を受ける僚機
             給油する側の機体は通称タンカーと呼ばれる
             此処での給油方式は "ドローグ = プローブ"式


                   空中給油 a空中給油 b
                   KCー135から補給を受けるFー16 サレる側からとスル側からの画像
                         KCー135は空中給油専用機



                     "空中給油機から補給"を受ける戦闘機
                     こちらの給油は"ブーム = ダイレクト"

            通常タンカー役の機体が攻撃自体に参加する事はない




        ※ 以下詳しく知りたければウィキペディア《空中給油》を参照のコト


           空中給油を行う意味は
             哨戒に於いては "行動時間の効率=維持"
             戦闘攻撃に於いては "航続距離の延伸"
                             に尽きるです



      空中給油 4
       距離を保つKCー135とBー52 位置調整するのはスル側


           僚機から補給を受けるBー52戦略爆撃機。 はるか離れた基地
           から作戦行動する戦略爆撃機には燃料補給は絶対に必要な
           のね 裏を返せば燃費補給の手段が確立したからこその機体
           故に爆装最大最優先に離陸する …上で補給すれば良いから



      空中給油5
       目視で位置調整するOP 技術が必要なのです


            大型の機体のほとんどはプローブを装備していません機体
            上部に在るリセクタブル(給油口)に直接差し込みます だか
            ら大抵ブーム式。 利点はプローブ=ドローグ式に比べ "短時
            間に大量に効率よく"補給ができるに在るです

            補給作業中の機体は身動きがとれないのでとても脆弱なの


                    空中給油 3
                     同じくダイレクト式のBー1戦略爆撃機 大型の機体の給油口
                          は大概機体前 及び中上部位に在るです





      空中給油 1
       プローブを装備したUHー60 機体の両脇に在る
        ミサイルみたいのが増槽つまり燃料タンク



                    空中給油 2
                     C(M)Hー47特殊作戦仕様チヌーク 胴の膨らみが燃料タンク



空中給油とかとかw
関連記事

2017/03/15 Wed. 08:20 [edit]

category: 暮らしに役立たないお話。

cm 0  tb --  

コメント

コメントの投稿

Secret

2017-08
       
♪       ♪                            ♪                           ♪    ♪♪               ♪♪♪                                     ♪                        ♪♪      ♪                          ♪♪              ♪♪          ♪♪♪          ♪  ♪♪      ♪      ♪♪♪  ♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪  ♪♪  ♪  ♪♪♪                                             ♪    ♪     ♪    ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪     ♪      ♪  ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪